忍者ブログ
ごめん、やっぱ忘れたかも
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 私は彼女が死んで寂しいのだ。
 彼女の死んで、ずっと私は半身がごっそりと無くなったような気がしていた。私たちは二人で一つ。この先もずっと一緒にいるって、当たり前のように思ってた。


 それなのに、彼女は突然の事故で死んでしまった。


 あの日、私は数少ない友達と近くのファミレスでたわいもないおしゃべりをしていた。姉は、少し用事があったので、私よりも遅れて帰ることになった。携帯に電話がかかってきたのはもう、店を出ようとするときだった。
 携帯の電源を切るとすぐに私は走った。今までで一番速く走った。心臓が破れるような走りをしてさえ、間に合わなかった。
 病院へと到着した時には、すでに姉は死んでいた。即死だったそうだ。

 霊安室で眠る彼女は、とても安らかな顔をしていた。ただただ私を含めた家族だけが、彼女の周りで泣き叫んで、醜い姿を晒していたに違いない。
 彼女が痛みを感じることさえなく一瞬であったことを、願う。

 そうして私は私の半身を失った。その喪失感は今も消えることはない。この喪失感はこれからもずっと癒されることはないのだと思う。けれど喪失感だけじゃない。私には彼女を慕う感情と同時に、彼女に対する黒い感情も持っていた。私は・・・


1.私は彼女が羨ましかった。

2.私は彼女に憧れていた。
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[286] [285] [155] [154] [153] [152] [151] [150] [149] [148] [147
«  Back :   HOME   : Next  »
時計
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
Since 2008/9/26
コメントありがとうございます
[12/30 Assi]
[07/25 daiz]
[07/16 tone]
[07/07 (-ω-。)]
[06/26 tone]
―Alliance―
ブログ内検索
Profile
筆者:tone
性別:♂
為人:学生で眼鏡で所謂KYのくせに心はソーダ硝子

でもめげない…多分

ブログ案内はコチラ
なんか最近迷走中
メールフォーム
全ての入力項目が必須です
忍者ブログ [PR]