忍者ブログ
ごめん、やっぱ忘れたかも
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 私は、彼女が憎かった。
 私は彼女のすべてを奪いたかった。みんなに愛されたかった。一度でいいから日の当たる世界にたってみたかった。そのためには彼女が邪魔だった。
 でもそれももう昔の話。今は私が彼女の役割を担っている。もう影でいることはない。その必要はない。あのときの快楽がせり上がってくる。私、今、ひどく、愉快だ。


 ねえ、わたし、ちゃんとかわいく笑えているかしら?


 肌寒くなってきたので私は、部屋の中へと戻った。
 ベッドに戻る途中何が踏みつけてしまったのか乾いた音がした。箱を手に取ってみたが、もう中身は壊れてしまっているだろうことは開けなくても分かる。仕方ないのでぐしゃぐしゃにつぶれた箱をゴミ箱へ放り投げた。
 ふと、カーテンの開いた窓から空を見上げると、空高くに浮かぶ半円が白く無機質に光っている。

「ああ、姉さん。私、姉さんのモノは全部手に入れた。だからこれからは、姉さんよりももっと幸せになってみせるわ」

 これからの世界は私にいろいろな感動を与えてくれるに違いない。そして、必ず欲しい物は手に入れてみせる。

 でも、何かを忘れている気がする。それは、とても大切な何かのような気がするが、思い出せない。けどそれもきっと、いつか小さなきっかけで思い出せる気がする。それが大事な物ならそれもいつかきっと取り返してみせる。

 そして、私は姉さんが手に入れられなかったモノでさえ、きっと手に入れてみせる。私は彼女とは違うってことを証明してみせる。

「ふふっ、あははっ」

 私の乾いた声が夜の空に溶けていった。

(END3. BADEND)
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[285] [155] [154] [153] [152] [151] [150] [149] [148] [147
«  Back :   HOME   : Next  »
時計
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
Since 2008/9/26
コメントありがとうございます
[12/30 Assi]
[07/25 daiz]
[07/16 tone]
[07/07 (-ω-。)]
[06/26 tone]
―Alliance―
ブログ内検索
Profile
筆者:tone
性別:♂
為人:学生で眼鏡で所謂KYのくせに心はソーダ硝子

でもめげない…多分

ブログ案内はコチラ
なんか最近迷走中
メールフォーム
全ての入力項目が必須です
忍者ブログ [PR]