忍者ブログ
ごめん、やっぱ忘れたかも
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 私は彼女が死んで嬉しいのだ。
 彼女が太陽の光なら私はその影で、彼女が朝なら私は夜。彼女が手に入れられるものの中で私に手に入れられないものは、沢山あった。
 姿形は同じなのに。持っているモノも同じなのに。彼女だけがすべてを持って行ってしまう。私の手に届かないところに行ってしまう。

 私たちは二人で一つなのに。

 私たちは二人で一つじゃなかったの?

 そう、だから。


 ダカラ私ハ唯一ノ半身デアル姉ヲコノ手デ殺シタ。



 それはあまりにもあっさりと事が運んだ。

「風が気持ちいいわね」

 彼女は何も疑うことはなく、学校の屋上の上にやってきた。屋上の柵にもたれて昔話をして、そして、彼女が私に背を向けた一瞬を私は見逃さない。奈落の底へと落ちる彼女の顔はなかなか思い出せない。驚いていたのだろうか、それとも・・・・・

 姉が嫌いなのかといわれれば、そうではない。むしろ敬愛していたし、自慢の姉だった。
けれどそれと同時に、私は・・・・・・

1.私は彼女が羨ましかった。

2.私は彼女が憎かった。
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[152] [151] [150] [149] [148] [147] 
«  Back :   HOME  
時計
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター
Since 2008/9/26
コメントありがとうございます
[12/30 Assi]
[07/25 daiz]
[07/16 tone]
[07/07 (-ω-。)]
[06/26 tone]
―Alliance―
ブログ内検索
Profile
筆者:tone
性別:♂
為人:学生で眼鏡で所謂KYのくせに心はソーダ硝子

でもめげない…多分

ブログ案内はコチラ
なんか最近迷走中
メールフォーム
全ての入力項目が必須です
忍者ブログ [PR]